桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

沖縄が舞台のNHK朝ドラ「ちむどんどん」と「ちゅらさん」を徹底比較した

公開日: 更新日:

 NHK朝ドラ「ちむどんどん」がスタート、早くも3週間が経った。沖縄本土復帰50周年を記念した沖縄を舞台にした朝ドラだ。

 沖縄を舞台にした朝ドラといえば、「ちゅらさん」。2001年4月スタートだから20年以上も前の作品だが、いまだに強く心に残っている。

 以前、特設サイトで思い出の名シーンランキング企画があった。1位「ちりとてちん」、2位「半分、青い。」、3位「あまちゃん」と続き、「ちゅらさん」は4位に選ばれた。しかも続編がパート4まで作られた朝ドラ100作の中でも特筆すべき作品だ。そこで2つの比較を。

■「ちむどんどん」には“おばぁ”がいない

 まずヒロインとその家族。「ちむどんどん」のヒロイン黒島結菜。父を大森南朋、母を仲間由紀恵、兄を竜星涼、姉は川口春奈、妹に上白石萌歌。「ちゅらさん」はヒロインは国仲涼子、父が堺正章、母が田中好子、兄がガレッジセールのゴリ、弟が山田孝之だった。

「ちむ」は何か足りないと思ったら「おばぁ」がいない! 「ちゅらさん」を語るうえで外せないのが平良とみ演じるおばぁだ。真っ先にあの人懐っこい笑顔が蘇る。おばぁはナレーションも兼任、ウチナーグチ(沖縄ことば)のなんともいえない響きが心地よかった。

父と兄は似ているが、兄がクズすぎる

 似ているのは三線を弾く父、そしてトラブルメーカーの兄。三線もさまになっていたが、大森は早々に亡くなったけど。

「ちむどんどん」の兄がクズすぎると早くも話題をさらってる。子供の頃に買ってもらった頭がよくなるベルトを7年経った今も着けているが、一向に頭が良くなる気配はない。それどころか山ほど借金を抱えているのに働かないのもすごい。「ちゅらさん」の兄も似たようなものでゴーヤーマンなるキャラグッズで一獲千金を夢見るが売れなかったのだ。

 ところが、ゴーヤーマンはドラマの中では売れなかったが、カワイイと人気になりグッズ化もされ、NHKに富をもたらしたラッキーキャラだ。「ちむどんどん」にもなにかしらのキャラが出てくることを期待。

■主題歌がピンとこない

 主題歌が「ちゅらさん」はKiroro「Best Friend」。「ちむどんどん」は三浦大知「燦燦」、どちらも沖縄出身のアーティストだが、「ちむどんどん」の主題歌はもうひとつピンとこない。もっとも、前作「カムカムエヴリバディ」のAI「アルデバラン」も最初は喧しくてそこだけ音量を小さくしていたが、終盤にかけ何度も泣かされた。今回の曲も好きになれるといいのだが……。

 とにかくあれほど貧乏をこじらしていたのに7年経ったら、姉は短大出て教師に、妹2人は高校生ってどこにそんなお金が! 最終回で伏線回収なんてもったいぶらないで、早くそのからくりを教えて欲しい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!