ウクライナ人プロデューサーが映画「チェルノブイリ1986」に込めた“プーチン批判”

公開日: 更新日:

 ウクライナへの侵攻初日に制圧されて以来、3月末までロシア軍の支配下にあったチョルノービリ(チェルノブイリ)原発。歴史的舞台として再び注目される中、36年前の爆発事故を描いたロシア映画「チェルノブイリ1986」(20年)が日本公開となる。

■ロシアで初登場1位

 事故の初期対応にあたった消防士らの死闘を描いた感動パニック作品で、本国ロシアでは初登場1位を記録。だが、この時期にロシアの愛国的映画を日本公開ということで、早くも物議をかもしている。映画批評家の前田有一氏が解説する。

「ロシア政府やロスアトム国営原子力企業の協力を得て作られた超大作で、チェルノブイリと同型のクルスク原発で撮影するなどリアルな事故シーンが見どころ。さすがにこの時期は難しいのではと公開延期が噂されていました。しかし監督と主演を務めたダニーラ・コズロフスキーの反戦メッセージを事前に公開したり、配給会社が収益の一部をウクライナへの人道支援に寄付すると表明するなど、いろいろと配慮したうえで予定通り公開となったようです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感