NHK桑子真帆アナ「クロ現」好調で紅白司会に返り咲きか…ライバル和久田アナは産休入り

公開日: 更新日:

 第1子妊娠を公表し、第一線から離脱した和久田麻由子アナ(33)に代わって再び看板アナの光明が見えてきたのが桑子真帆アナ(34)。

 この春からは、朝のニュース番組「おはよう日本」を降板し「クローズアップ現代」(月~水曜午後7時30分~)のキャスターに起用されたが、視聴率は好調のようだ。さる制作関係者はこう話す。

「さすが“NHKの元エース”といわれるだけのことはある。4月から放送された過去9回の『クロ現』の世帯平均視聴率は10%台をキープしている。桑子アナが出演する前に、午後10時台に放送されていた『クローズアップ現代+』の同視聴率は、最終回OA(3月17日)を含めた3回分の平均が8.1%だった。OA時間が変わったことを差し引いても、立派な結果で、桑子自身が数字を持っている証しです。同番組は大幅リニューアルし、制作費もこれまでの1000万円から2倍になったといわれていますが、それだけNHKはこの番組に大きな期待をかけているんです」

 番組のリニューアルは成功したようだが、今回の桑子アナ起用には、別の事情もあったようだ。

「桑子アナは結婚した俳優の小沢征悦にベタ惚れで、とにかく一緒に過ごしたい。小澤征悦の妻なら、多少仕事が減っても、収入的に困ることはないため『おはよう日本』を担当している時からフリー転身を示唆していたといわれていました。そこでNHKとしては桑子アナをリリースさせないために『クロ現』を用意したという話が局内を飛び交っている」(スポーツ紙放送担当記者)

「クロ現」で結果を出しつつあることで、桑子アナは再び、大晦日に放送される「紅白歌合戦」の総合司会候補として局内で名前が出ているという。

紅白は今年から本格的なネット同時配信

「昨年末の司会はどちらが務めるか注目されましたが、フタを開けてみれば和久田アナだった。和久田アナが休職に入った今、再び桑子アナが注目されています。人気&知名度ともに十分な桑子アナが紅白の司会をやることに異を唱える者はいないでしょう。今年の紅白は本格的なネット同時配信元年ということもあり、NHKとしては絶対に視聴率を取りたいはずですから」(前出の制作関係者)

 桑子アナに再びチャンスが巡ってきそうだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」