桝太一、佐藤義朗に続き…日テレ局内で囁かれる「次に辞めるアナウンサー」の実名

公開日: 更新日:

 看板アナの桝太一アナウンサー(40)に続いて佐藤義朗アナ(36)が退社を表明した日本テレビ

 この2人だけでなく、日テレには、密かに独立を考えているアナウンサーがいるという不穏な情報が飛び交っているという。さる日テレ関係者は声を潜めてこう話す。

「理由は2つある。一つは局アナとしてのキャリア形成が今後、頭打ちになることが分かっているからです。以前は日テレで頑張って人気者になりフリー転身というのが王道でした。しかし、テレビはメディアとして衰退し、もはやかつてのパワーはありません。さらに日テレはこの先、50年先の経営を見据えて社長室主導の『日テレSDGsプロジェクト』を立ち上げた。このプロジェクトに関連して局アナが今後、中心となって活躍する機会は基本、ありません」

 テレビ局で花形であったはずの局アナも、すでにそのプロジェクトでは中心ではないそうだ。もう一つは年収の壁だという。

他業種への転身

「民放の中では視聴率ナンバーワンの日テレですが年収は皮肉にも民放最下位で、テレビ東京より低いといわれています。フジテレビが30歳で1000万円を超えるのに日テレは届きません。いまの日本経済を象徴しているような会社ですよ。上昇しない年収ベースに愛想を尽かして、局アナは日テレという金看板とスキルや知名度を武器に、フリー転身、そして今どきは他業種への転職を狙っているんです」(前出の日テレ関係者)

 そうした中、「次に日テレを卒業する」との噂があるのが「news every.」を担当する藤井貴彦アナ(50)と「バゲット」などに出演している笹崎里菜アナ(30)の2人だという。

「人気の藤井アナは、フリーになっても十分やっていけるでしょうし、日テレに固執する理由はないはず。このまま日テレに残っても年収2000万円がやっとでしょうが、元テレビ朝日富川悠太アナ(45)のように、トヨタ自動車のような一流企業に行くとなると年収3000万円以上は確実ですからね。笹崎アナも他業種に興味があるようで、最近は“パーソナルカラーリスト”の検定を取ったりもしていますね」(前出の日テレ関係者)

 なぜ日テレの局アナはこうしたキャリア形成に興味津々なのか。

「日テレは50代以降の社員には何の期待もしていない。その結果、局の現状を理解し、仕事ができる50代局員は次々と辞め始めているんです。リストラする必要がない。アナウンサーたちもそんなサバイバルな環境を知っているんです」(編成関係者)

 視聴率ナンバーワンの日テレでさえ生き残っていくには熾烈な現実がある。ある意味、一番、シビアなテレビ局といえそうだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった