碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

ディーン・フジオカ主演「パンドラの果実」ありがちな設定だと思っていたら…

公開日: 更新日:

 科学捜査物と聞き、ありがちな一作と思っていたので驚いた。「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」(日本テレビ系)は、新機軸のサイエンスミステリーだ。

 第1話。ロボット開発会社の経営者が社内の密室で殺害される。死因は呼吸困難だった。被疑者は介護ロボット、LEO(レオ)。何と「私が殺しました」と自白したのだ。

 捜査を担当するのは、新設された「科学犯罪対策室」。メンバーは警視正の小比類巻(ディーン)、ベテラン刑事の長谷部(ユースケ・サンタマリア)、そして協力者の天才科学者・最上(岸井ゆきの)だ。

 まず、介護ロボットの犯罪というSFチックな設定を、現実にあり得る出来事として物語化していく手腕が見事だった。最先端の科学技術はどこまで進んでいるのか。それを応用した犯罪に、従来の捜査システムで対応できるのか。いわば、このドラマの世界観を視聴者に知らしめた形だ。

 次に、「科学に対する認識」という深いテーマにも注目だ。小比類巻は、亡くなった妻(本仮屋ユイカ)の遺体を密かに海外で冷凍保存し、未来に運命を委ねている。そんな彼にとって科学は「希望の光」だ。

 一方、科学が人類に対する最大の脅威であることを知る最上は、科学を「絶望の闇」と考えている。この2人の対比が、今後の物語展開に奥行きを与えていくはずだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか