大泉洋「鎌倉殿」での好感度ダウンは織り込み済み 「頼朝嫌い」大合唱がむしろ好都合なワケ

公開日: 更新日:

〈神回〉の声しきりだった。小栗旬(39)主演のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、その17日放送の「足固めの儀式」で源頼朝(大泉洋)が、御家人たちの目の前で上総広常(佐藤浩市)を討ち取らせた“衝撃”の余韻は、いまだに続いているようだ。

「〈上総介を偲ぶ会〉なんてハッシュタグが立ち上がるほど、佐藤さんが演じた愛嬌のある広常は人気のキャラでしたからね。その一方で〈全部大泉が悪い〉〈頼朝嫌い〉がトレンドワードになるなど、大泉さんはすっかり悪者扱いです」と制作会社関係者は苦笑いするが、笑ってばかりもいられないらしい。

 韓国では50%を超える高視聴率を誇ったドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」(2003~04年放送)。日本ではNHKで04~05年に放送されたが、「そこで初めて悪役を演じた韓国の女優キョン・ミリさんは、あまりに名演技だったために視聴者の反感を買い、好感度が下がってCMが減るなど、後の仕事に悪影響が出たなんてエピソードが残っています」(テレビ誌ライター)。

 視聴者が役柄のイメージと同一視してしまうのは演技力のなせる業だろうが、それで役者本人の好感度が下がってしまったら……芸能人としては確かにきつい。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今