市川海老蔵「130分単独インタビュー」に応じた背景 義姉・麻耶との新バトル幕開けか

公開日: 更新日:

 市川海老蔵(44)がこれまでの義姉・小林麻耶(42)との騒動や多重交際について「週刊文春」の取材に応じ、話題になっている。発売中の同誌によると、4月中旬、130分のロングインタビューに答えたという。

 インタビューで海老蔵は、麻耶が告発した妻・麻央さん(享年34)の乳がん治療について、民間療法に頼った理由や病室で競馬新聞を読んでいたことの真相などについて回答。また金銭トラブルや多重交際についても語っている。麻耶に対しても申し訳ないという謝意を直接、伝えたというが……。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

■麻耶と新たなバトルの幕開け?

「得意のSNSでなく、あえて『週刊文春』に出て、話さなければ騒動の幕引きができない状況にあるということでしょう。釈明の内容については疑問が残りますが、逃げも隠れもせずに答えたことで“世間的な幕引き”はできるという算段。そこまでして早く騒動を終わらせたい背景には、襲名の日取りが本決まりになってきたこと、後援者からのクレームが想定以上だったことがあるのでは。ただ、今回『文春』のインタビューに応じたことを麻耶さんが聞いていなかったとなると、ユーチューブで反論するでしょうし、今回の釈明は、むしろ新たな騒動の“幕開け”にしか思えません。今後は水面下で交渉したい海老蔵さん側とオープンにして白黒つけたい麻耶さん側との攻防戦になるのでは」

 イクメンとは対照的な多重交際報道については「今後の生活態度で見極めていただくしかない」と語った海老蔵。胸を張って大名跡「団十郎」を襲名できるか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された