多部未華子は22歳からマンション3部屋購入 不動産コツコツ投資で“令和の樹木希林”へ

公開日: 更新日:

 女優の多部未華子(33)が都心の高級マンションを3部屋も所有していると発売中の「週刊女性」が報じている。多部は2011年、13年、18年にマンションを購入。現在は18年に購入した家に夫と昨年誕生した子供と住んでいるという。

 多部は、19年に写真家の熊田貴樹氏と結婚。昨年12月に第1子が誕生している。

 夫の熊田氏は「VOGUE」などファッション誌でも活躍するカメラマンで多部より10歳ほど年上といわれ、都内に事務所兼自宅の3階建ての一軒家を所有しているそうで、“不動産王”のパワー夫婦といえる。マンション所有については、経理をしている母親の采配だというが、多部は産後早々、この4月からドラマ「マイファミリー」(TBS系)で二宮和也(38)と夫婦役で出演。視聴率も初回12.6%、第2話も12.8%と好調だ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「3軒目のマンションはご家族でお住まいになられているということから、ご自身で納得のいくお部屋を購入されたのでは。樹木希林さんが芸能界は不安定だからと浅田美代子さんにマンション購入を勧めたのは有名な話ですが、壇蜜さんは駐車場で年間800万円の収入があるとか、石田ゆり子さんは8億円のマンションを購入していると報じられていますし、芸能界では不動産を持つことは手堅い。多部さんも22歳、24歳、29歳でマンションを購入するマネーリテラシーの高さは、投資を学校で教える今の時代にピッタリ。むしろ、時代が多部さんに追いついたと言っていいでしょうし、今後さらに広告起用も増えるのでは」

 “令和の樹木希林”になれば、さらに需要が増えそうだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」