芸能人が事務所から独立する損と得…よりどころなく弱者に、不祥事でのクビも増えた

公開日: 更新日:

 芸能人のスキャンダルが世間を賑わすほど話題になるのがマネジメントの問題である。城田優(36)、新田真剣佑(25)ら、暴露系スキャンダルの渦中にさらされているタレントたちは大手所属事務所を卒業してフリーになったばかり。よりどころのないタレントは、弱者に。近年、独立が相次ぎ、フリーランスのタレントも急増していたが、思わぬところで事務所の必要性が見えてきた。

 一方、事務所側からマネジメント解消という、実質的なクビを言い渡すケースも増えている。木下ほうか(58)は、先月23日に性加害報道が報じられると、所属事務所のカクタスは28日に契約を解消。東出昌大(34)は、唐田えりか(24)との不倫報道後の2021年秋、撮影地のホテルに新恋人を呼び寄せたことが報じられ、今年2月にユマニテから「これ以上共に歩くことはできないという結論に達しました」と三くだり半を突きつけられている。女優の片瀬那奈(40)は昨年7月、同棲相手がコカイン所持で逮捕、自身も尿検査と家宅捜索を受けていたことが報じられ、9月に研音を退社している。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「人間性の問題」

「事務所独立のメリットは“仕事が選べる”こと。やりたい仕事だけできて、余計な仕事をしなくていい。しかしながら、年を重ねていく中で方向性を変えていかなければいけないときに自分だけで対応するのは難しいため、米倉涼子さんのように営業しなくても仕事が来るトップクラスでなければ独立は難しいのも現実です。事務所があれば、ギャラはもちろん“中抜き”されるものの、スキャンダルの際にメディア対応から法的措置含め、自分が矢面に立たずに対応を全て肩代わりしてもらえるというメリットも享受できます。とはいえ、最近の解雇案件は“信頼関係を失墜させる”行為が要因。犯罪はもちろん、権力を利用した性行為などパワハラはもちろんアウトですが、木下さんの問題行為もかなり前のことですし、東出さん、片瀬さんも週刊誌に報じられるまで事務所が把握していなかった。『バレなければ大丈夫だろう』とタレントが事務所を欺いていてはマネジメント側も守りようがないだけに解雇に至っている。熱愛に関しては、昔の火野正平さんのようにモテ男と言われても、悪く言う女性がいないならスキャンダルにならない。後ろ暗いこと、人をむげにした扱い、お金だけではないけれどもセコいから後々明らかになるのであって、事務所うんぬんより、人間性の問題。叩いてもホコリが出なければ、ひとりで対峙しきれない場面は生まれません」

 尻拭いをさせられる芸能プロ社員は気の毒と言うしかないが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂