“ポスト綾瀬はるか”関水渚は公言目標「朝ドラヒロイン」の座を射止められるのか?

公開日: 更新日:

 綾瀬はるか(37)の月9ドラマ初主演となる「元彼の遺言状」(フジテレビ系)。11日の初回放送は世帯視聴率12%台、個人視聴率7%台を記録し、好調な滑り出しとなった。注目は綾瀬の恋敵となる令嬢を演じる若手女優・関水渚(23)だ。

 綾瀬が所属するホリプロでは石原さとみ(35)が結婚・出産し、深田恭子(39)が昨年5月に適応障害であることを公表するなどエース級の稼働が鈍っている。関水は「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」のファイナリスト。初期にグラビアアイドルとして活動しており、綾瀬とキャリアが似ていることから、関水が“ホリプロ3人娘”の稼働不足の穴を埋めてくれるのではないかとテレビ関係者の間で期待が高まっているという。

■ホリプロのバックアップで重要な役柄に次々と抜擢

「ホリプロは人材が豊富なのに次世代を担う女優が思いのほか育っていません。2015年7月期に連続ドラマ『デスノート』の弥海砂を演じ、飛躍を予期された佐野ひなこはグラビアのイメージから脱皮できないまま。“朝ドラ女優”に抜擢され成長が期待された石橋杏奈も18年に楽天松井裕樹選手と結婚し、その後、第1子を出産して第一線から退いています。そんな中、関水はホリプロの強力なバックアップを受けながら着実に経験と実績を積み上げています」(スポーツ紙記者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  5. 5

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  1. 6

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  2. 7

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  3. 8

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  4. 9

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  5. 10

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白