本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ダイアン津田君を見るたびに「最初はみんな素人」という言葉を思い返す

公開日: 更新日:

 NSC大阪で南海キャンディーズ・山ちゃん、とろサーモン・久保田、ウーマン村本ら人気者をたくさん輩出している22期生。在学中にNHKの上方漫才コンテストで最優秀賞を受賞し、NGKの本出番出演など、異例の活躍を見せたキングコングもいましたが、どのコンビもNSC在学中、あるいは卒業後に相方を代えて売れっ子コンビになっています。そんな中、ダイアンはコンビで入学し、現在に至っている数少ないコンビの一つです。

 最初はみんなネタを披露する時間(当時は3分、現在は2分ネタ)ではまかないきれない量の情報を詰め込み、それを時間内に収めようと早口になりがちです。さらに緊張感と相まって覚えたネタを機械的に吐き出すことになることが多いものです。そんな中、22期生で「この子は凄い!」と思ったのが西澤君(現芸名・ユースケ)でした。彼のしゃべりは現在とほとんど変わらない、ゆったりとした独自の間を持っていたことです。これは正直驚きでした! このままのしゃべりで続けられたらもちろんプロになれるし、それなりの位置までいけると感じさせてくれました。

 そこで問題だったのが相方の津田君。早口過ぎて、言葉がはっきり聞き取れない。なかなか言葉に感情が乗ってこないので残念ながら、相方・西澤君のいいところを生かし切れていませんでした。NSCに入学したといっても当然ながらアマチュアです。ここからどれだけ稽古を積んで腕を上げるかで化け方も変わります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す