著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

三谷幸喜、藤井隆、DAIGO…4月スタートの新番組を徹底チェック!

公開日: 更新日:

 4月になり新番組が続々登場。1年で最もワクワクする時期の到来だ。

 まず、番組はそのままに出演者が交代したプチリニューアル番組。2日の「情報7daysニュースキャスター」(TBS系)は三谷幸喜のお披露目回。襟元に「THE TIME,」(同)の香川照之から譲り受けた(!?)初心者マークをあしらった三谷。安住紳一郎に「三谷さんから見た世の中というものを教えて欲しいなと思います」と言われると、「僕はコメンテーターではないですから総合司会ですから。それ以上のことを求めないように」と牽制。

 三谷の小ボケに反応するスタッフの笑い声はいただけないが、言語明瞭なのはありがたい。1つ2つ……と徐々に襟元の初心者マークが増えていき、エンディングでは額につけたものも含めて7つに。いちびり三谷の本領発揮といったところ。

番組名物の「椅子コケ」も継承したが…

 3日の「新婚さんいらっしゃい!」(朝日放送、テレビ朝日系)の新MC藤井隆井上咲楽のコンビ。桂文枝、山瀬まみとともに事務所の大先輩からの引き継ぎで緊張しているのが画面からも伝わる。

 番組名物の文枝の「椅子コケ」も継承したが、初転びは危なげでケガしないかとヒヤヒヤした。「椅子コケ」は文枝でおしまいにし、藤井は「ホット! ホット!」など自由にやらせた方がハジケたのでは。

上沼恵美子のおしゃべりクッキング」に代わって始まったのが「DAIGOも台所~きょうの献立何にする?」(同)だ。料理経験ゼロのDAIGOが辻調理師専門学校の講師に教わりながら料理を作る。冒頭、「台所で戦力になりたい」「娘のお弁当を一人で作る!」と意気込みを語ったDAIGO。

 初回は「じゃがいもと玉ねぎのピリ辛炒め」だったが、じゃがいもの皮をピーラーでおっかなびっくり剥き、大さじ3分の2の分量も四苦八苦。超初心者のDAIGOの成長を温かく見守ってあげようという度量の大きい視聴者向け。

DAI語の封印は残念

 食器洗いまでやるのは感心。DAIGOの好感度は間違いなく上がりそうだが、DAI語を封印したのは残念……じゃがいもと玉ねぎのピリ辛炒めをJ・T・P・Iと言ってほしかった。

 坂上忍「バイキング」の呪縛から解き放たれたフジテレビ系「ポップUP!」。

 メインMCが佐野瑞樹&山崎夕貴という局アナで、月・小泉孝太郎、火・三浦翔平、水・おぎやはぎ、木・高嶋政宏、金・ノブコブ吉村とソソラナイメンバー。内容も3時間の大半は芸能&エンタメ。「スター☆ニュース速報」なるゲストコーナーがあるが、初回は上白石萌音とスター感があったものの、2日目古市憲寿、3日目オズワルドと尻すぼみ。これなら「バイキング」の方がよかったか? 「坂上ロス」と世間が騒ぎ出さないか心配だ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差