市川海老蔵お次は麻央さんとの“愛の巣”悪用報道 梨園からも「神聖な場を汚した」と冷めた視線

公開日: 更新日:

 市川海老蔵(44)の身辺が落ち着かない。3月下旬に始まった義姉である小林麻耶(42)による私生活の“暴露”攻撃。YouTubeやブログなどで、海老蔵が子育てを義理の母(麻耶の実母)に任せきりであることを明かし、麻耶の妹の麻央さん(享年34)が生前に離婚したがっていたことも暴露した。海老蔵の子煩悩のイメージはすっかり瓦解した。

「麻耶さんは自身のサイトだけでは飽き足らず、暴露系ユーチューバーとして人気急上昇中である元アパレル会社社長・東谷義和氏の『ガーシch』に電話で生出演。そこで海老蔵への恨み節を語っただけでなく、東谷氏との“共闘”も約束していました。今後、さらなる暴露もあるかもしれませんね」(ワイドショー関係者)

 そんな海老蔵に女性誌のスキャンダルも追い打ちをかけた。同時期に『女性セブン』が“多重交際”と題し、SNSでナンパした複数人の女性と同時交際していることを報じた。

「記事にはAからDという4人の女性が登場。『まん延防止等重点措置』の中、ホテルでお金を渡して男女の関係になったことが書かれていました。といっても、女性関係に甘い梨園ですから、女性関係についてとやかく言う人はいません。ただ、歌舞伎の大看板である團十郎を襲名する男が、ネットでナンパとは、なんともダサい。さらに、まん防を無視して遊び歩いていたことに不満を漏らす関係者は多いですよ」(歌舞伎関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された