本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

桂南光師匠は招待でコンサートに行くことはなく、必ず自分でチケットを買った

公開日: 更新日:

 1993年から「痛快!エブリデイ」(関西テレビ)という番組で約15年間お仕事をさせていただいた南光師匠。70歳を越えられた今も精力的に高座を務めてらっしゃいますが、映画、観劇、ジャズ鑑賞、オカリナ演奏、ビリヤード、料理等々趣味も多彩で料理は玄人はだし。料理番組にも度々出演されてその腕前を披露。打ち上げなどで鍋料理に行った際には“鍋奉行”として陣頭指揮をとられていました。

 また、美輪明宏さん、松任谷由実さんをはじめ、たくさんのアーティストの方とも親交をお持ちですが、招待でコンサートに行くことはなく、必ず自分でチケットを買って行かれます。

 これは映画でも同じで、試写会ではなくチケットを買って行かれていました。ご本人いわく「自分でお金を払て行かんと良かったにせえ、もうひとつやったにせえ、言いたいこと言えませんやんか。どっかに招待してもろた。試写会を見たいう気持ちが出ると思いますねん。そんなん関係ない言う人もいたはるでしょうけど、私はあきませんねん。人間が小さいんですわ、ほっときなはれ!」とご自分でボケ・ツッコミをして笑っておられましたが、私の知る限り本当に徹底してらっしゃいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す