桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

今やセント・フォースのフリーアナなくして朝のワイド番組は成り立たず?

公開日: 更新日:

 新井恵理那(32)を民放の局アナと勘違いしている人は多いのでは。TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ではお天気キャスターなのにビートたけしに謎のボケで笑わせ、テレビ朝日系「グッド!モーニング」では局アナに交じって笑顔を振りまく。

 他にもTBS系「所さんお届けモノです!」で所ジョージのアシスタント、テレビ東京系「ナゼそこ?」でユースケ・サンタマリアとMCを務め大忙し。

 TBSしか見ない人はTBSの人かな、テレ朝しか見ない人はテレ朝の人かなと思うようなポジションで違和感がない。

 新井はセント・フォース所属のフリーアナ。トーク番組で本人がしゃべっていたが、キー局4社を受けるも全滅し、同社に所属したとか。その割には局アナへの対抗意識をむき出しにして隙あらば仕事を奪ってやるという感じではなく、飄々としているところが愛される理由かも。そう思って油断しているとテレ朝系「グッド!モーニング」のように気がつけば、局アナを差し置いて総合司会の座に納まっている。

お天気キャスターがズラリ

 新井だけでなく、各局の朝ワイドは今や同社なくして成り立たない。働き方改革だかなんだかで局アナを早朝働かせるのはなにかと面倒で、それならアウトソーシングしてしまえというようなことかと察する。とくに多いのがお天気キャスターでフジテレビ系「めざましテレビ」の阿部華也子や皆藤愛子、小野彩香、長野美郷、4月からの林佑香(月~木担当)、谷尻萌(金担当)も歴代セント・フォースタレントが担当。

 フジが牽引してきた女子アナブームのあのキラキラした感じを持ち合わせ、アナウンサーなの? タレントなの? という曖昧な立ち位置ながらいいとこどりしているのがセント・フォース所属タレントで、その需要はますます増えそうだ。ちなみに、現在所属しているのは元NHKバナナマン日村夫人の神田愛花、元読売テレビの川田裕美、元テレビ東京の鷲見玲奈ら。

ズムサタ卒業のモッチーはセント・フォースの取締役に!

 そういえば、先週26日、17年半にわたって日本テレビ系「ズームイン!!サタデー」を支えたモッチーこと望月理恵が番組を卒業したが、その際も番組で長年お世話になった読売ジャイアンツの練習場まで行き、選手たちに別れを告げ、原辰徳監督まで出てきてモッチーにお疲れの言葉を贈り、最後も歴代一緒にやってきた局アナたちがやってきてモッチーの最後を見守るという感動的シーンも。

 そのモッチーは昨年セント・フォースの取締役に就任。フリーアナの出世頭といえそうだ。

 モッチーの後釜には鷲見玲奈が入るが、モッチーほど愛されるか、まずはお手並み拝見。そういえば今、世間を騒がせている小林麻耶も、妹の麻央もセント・フォース所属でしたっけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された