「奇蹟 miracle one-way tecket」物語の迷宮をさまよう浮遊感が心地よい

公開日: 更新日:

 劇作家・北村想(作)と、このところ演出家としても目覚ましい活躍をしている俳優の寺十吾(演出)がタッグを組んだ舞台。両人とも一癖も二癖もある表現者だけに、一筋縄ではいかない舞台となった。

 謎の人物の依頼によって、深い森の奥へと迷い込んだ探偵・法水連太郎(井上芳雄)。彼は警視庁と検察庁という相対立する組織のコンサルタントを務める私立探偵だ。

 彼をシャーロック・ホームズとするなら助手のワトソン役は高校時代の親友で、今は脳神経外科医の楯鉾寸心(鈴木浩介)。法水の書き置きを見て、森に入り込んだ楯鉾が見たのは何者かに崖から突き落とされて記憶を失い、ベッドに横たわる法水の姿。介抱するのは少女・マリモ(井上小百合)。彼女によれば法水の依頼主は祖父で大富豪の竿頭寛斎(大谷亮介)だという。

 だが、寛斎も行方不明。なぜ寛斎が法水を森に呼び寄せたのか。秘密のカギとなる洞窟の中にある礼拝堂にたどり着くと、そこに内藤ユウランと名乗る牧師(大谷亮介=2役)が待ち受けていた。彼が語るルルドの泉の奇蹟とは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由