清原果耶と小芝風花の女優人生を左右する「決定的な違い」…2人ともブレークはNHKから

公開日: 更新日:

 清原果耶(20)が主演の連ドラ「ファイトソング」(TBS系)が15日で終わった。来月9日から小芝風花(24)主演の「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪─」(テレビ朝日系)がスタートするが、清原と小芝、人気の若手女優2人には“共通点”がある。

 2人ともまだ売り出し中の2015年に、波瑠(30)がヒロインを務めたNHK朝ドラ「あさが来た」に出演。NHKにかわいがられて注目度を高め、ブレークしているのだ。

「『あさが来た』からは同じく売り出し中だった吉岡里帆とか、男性ですがディーン・フジオカら、後の主役級が次々と輩出されました。平均で23.5%の高視聴率を記録したのも納得です」(テレビ誌ライター)

 清原は「あさが来た」で女優デビュー。18年放送のNHKドラマ10「透明なゆりかご」でドラマ初主演を果たし、19年の「なつぞら」で2度目の朝ドラ出演、そして昨年の「おかえりモネ」でヒロインを務めた。前述の「ファイトソング」で民放連ドラ初主演。

 一方の小芝は、17年放送のNHKの単発ドラマ「ふたりのキャンバス」でドラマ初主演。19年のNHKドラマ10「トクサツガガガ」で主演を務めたあたりからブレークした。20年の「妖怪シェアハウス」第1シリーズで民放連ドラ初主演。

「2人ともNHKに才能を見いだされ、NHKのドラマで実力を蓄えて開花した。王道のパターンを歩んできた点は、よく似ています」(前出のテレビ誌ライター)

清純派の“呪縛”から抜け出すのは大変

 が、決定的な違いもあるらしい。ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏が言う。

「ファンが抱いているイメージです。どうも清原さんのファンは、彼女に正統派の清楚系であってほしいという願望が強いようで、『ファイトソング』で演じたヒロインについても、〈乱暴な言葉遣いの清原果耶は見たくない〉なんて書き込みが少なくなかった。清純派の女優にありがちな“呪縛”から抜け出すのはなかなか大変そうで、今後の役柄の幅にも影響しそうです」

 一方の小芝だって清楚系だが、かといって役柄の幅は狭くない。

「コメディーからシリアスまで、オタク女子や不思議ちゃんなど、小芝さんはどんなキャラを演じても違和感を持たれません。清原さんと同じく中高年のファンも多いですが、〈小芝風花はかくあるべし〉という縛りが、ほとんどない。化粧品のCMで若い女性の支持も広がっています」(山下真夏氏)

 その違いが、2人の今後の女優人生にどう影響するか、だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に