桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

テレビ欄に「終」マークがあるとつい見てしまう 3月終了の番組を総マクリ!

公開日: 更新日:

 最終回を迎える番組が多くなってきた。これで見納めかと“(終)”マークがついた番組はつい見てしまう。終わっても仕方がない番組、名残惜しい番組……。

 まずNHK。5年間放送した「日本人のおなまえ」が最終回。さすがに名前だけではネタがなくなり、食べ物や地名などにネタを広げたが、万策尽きたか。赤木野々花アナは春からは「サタデーウオッチ9」のキャスターに決まって大忙しだが、対照的に心中穏やかではないのが古舘伊知郎だろう。まだまだ働き盛りの古舘が「ゴゴスマ」(TBS系)の曜日コメンテーターのみに。「たけしのその時カメラは回っていた」も終了する。発掘映像から歴史の真実に迫るもので永遠にやれそうだが。たけしのギャラが高すぎた?

 そのたけし、テレビ東京系「レベチな人、見つけた」も終了。「たけしの誰でもピカソ」「たけしのニッポンのミカタ!」と25年続いたテレ東とたけしの蜜月も終了。TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」からも卒業、長きにわたりさんま、タモリとともに「お笑いビッグ3」とあがめられたが、ついにフェードアウトしていくのか。

ビートたけしはフェードアウト?

 たけしの最後の出演となった19日の「情報7daysーー」では1時間放送を早め、たけしとの13年半を振り返ったが、過去のいいとこばかりを集めた映像というのを差し引いても機敏な動きと威勢のいいしゃべりはさすが。

 日テレ系は10年続いた「今夜くらべてみました」、14年続いた「人生が変わる1分間の深イイ話」が共に終了。吉本芸人の番組がどんどん終わる気がする。

 テレビ朝日系「トリニクって何の肉!?」も気がつけば終了。ひな壇を使った大人数のクイズ番組はこのご時世厳しい。


短かった?お笑い第7世代ブーム

 TBS系「霜降りミキXIT」も終了。第7世代ブームに乗っかろうと作られた番組だが、その寿命はことのほか短く、14日が最終回。ミキが新型コロナに感染のため、出演しないままに番組は終了した。TBSは鳴り物入りで始めた霜降り明星の「オトラクション」もシレッと終わらせた。

 フジテレビ系「アウト×デラックス」。アウトな人を見せ物小屋的に出すのは難しくなったか、あるいはマツコ・デラックスがフジに見切りをつけたか。マツコは「ホンマでっか!?TV」を卒業、次に「アウト」。マツコに見放されたフジはますます窮地に……。

 フジ系の「痛快TVスカッとジャパン」も終了。再現ドラマのクオリティーが高く、そこから木下ほうかのイヤミ課長、小林麻耶のぶりっ子悪女などの人気キャラが次々と生まれた。木下自身も番組をきっかけにブレークしたが、番組終了の翌々日、例の「性加害報道」で渦中の人に。最終回で泣いていたあの姿はなんだったのかという思いだ。最終回の放送後だったのはせめてもの救い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由