二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「朝ドラ女優」から「元ジャニーズ」まで…“肩書”を生かすも殺すも本人次第である

公開日: 更新日:

 芸能人で不動の肩書といえば「2世」だが、芸能界には入ってから新たに得る肩書もある。歌手なら“レコ大受賞”“紅白出場”が思い浮かぶ。昔の歌謡界なら「紅白出場の肩書で全国営業ができた」という時代もあったが、今では経歴のひとつに過ぎない。

 俳優の世界では「日本アカデミー賞」などの受賞歴もあるが、近年、ブランドのようになっているのが「朝ドラ女優」の肩書だ。後に民放ドラマの主力を務めることが多くなった。1月期のドラマでも「ファイトソング」の清原果耶、「ムチャブリ!」の高畑充希、深夜ドラマ「愛しい嘘」の波瑠も朝ドラのヒロインだった。

 最近は脇役でも「朝ドラ女優」の肩書は注目度が高くなっている。確かな演技力でドラマ界を席巻する名脇役の座を掴んだ伊藤沙莉。今期、異例の2本のドラマに主演する広瀬アリスも朝ドラ「わろてんか」で注目されキャリアを積み上げてきた。

 朝ドラ女優の肩書はかくもありがたいものだが、逆に注目度が高い分、プレッシャーも大きい。ドラマの内容も含め朝ドラのイメージを持たれたまま見られ、視聴率が芳しくないケースも少なくない。今期の清原も高畑も1桁視聴率に終わった。

「朝ドラのイメージを払拭するか、それともキャラを生かすかが課題になっている」(芸能関係者)

 正解はないが、この課題をクリアしたのが永野芽郁だろう。2018年の朝ドラ「半分、青い。」に主演後、選んだドラマは菅田将暉主演の学園ドラマの女子高生役だった。以後、女子大生役など自身の成長とリンクするように役も成長させた。昨年は「ハコヅメ」で新人女性警官役を演じ、別な顔を見せた。朝ドラ女優のイメージは払拭。女優としての成長を示した。

ジャニーズの元アイドルの肩書

 実績を残せば付いてくる肩書は、もろ刃の剣の要素を持つ。端的な例が不祥事。覚醒剤所持、使用で逮捕された田中聖容疑者。報道されるたびに、彼の肩書に付くのが“元ジャニーズ所属のアイドルグループKAT-TUNメンバー”の記述。

 大麻で逮捕歴もあり、素行の悪さは別格の元アイドル。驚きはないが、「この人がジャニーズアイドルだったのか」と思うほどの変わりように衝撃を受けた人も少なくない。辞めた人の起こした不祥事とはいえ、ジャニーズの元アイドルの肩書は必ず付く。

「他の事務所だったら、“元アイドル”だけで済むが、ジャニーズだから、事務所名からグループ名まで入る。それほどジャニーズの名は重く大きい芸能界のブランドになっている」(芸能関係者)

 オートレーサー森且行もジャニーズの「SMAP」のメンバーだった。先日、大けがを負い1年近くにわたり懸命にリハビリを続けている姿をTBSの「ニュースキャスター」で放送していた。随所に中居正広や元メンバーとの今も変わらない絆をうれしそうに話す姿が印象的だった。それは「元ジャニーズのSMAP」の肩書が今も輝いている証しでもあった。田中容疑者とはあまりにも対照的だ。

 近年、ジャニーズ退所者は後を絶たないが、彼らにとっては「元ジャニーズのアイドル」の肩書はずっと背負うことになる。

 どんな肩書でも、生かすか殺すかは本人次第だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記