芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

篠原涼子“路線変更”で早くも復活か Netflix「金魚妻」の妖艶な演技が私生活と相まって…

公開日: 更新日:

 篠原涼子(48)が主演するNetflixドラマ『金魚妻』、映画『ウエディング・ハイ』が立て続けに公開され、いずれも話題になっている。

 特にDV、モラハラにもがき苦しみながら不倫に溺れていく主婦役を演じた『金魚妻』は、視聴者数の週間ランキングで2週続けて1位を記録。Netflixの世界ランキングでも堂々の8位にランクインされた。ここにきて"女優・篠原涼子"の好調ぶりがハンパないのだ。

 篠原は昨年7月に市村正親(73)との離婚を発表し、その直後年下韓流アイドルとの不倫疑惑が発覚。これまでの芸能界の慣例からすれば、一定の自粛期間を設けるのではないかとみられていた。

 実際この不倫疑惑が原因で、『ハケンの品格』や『アンフェア』など篠原主演の人気シリーズの企画が宙に浮いたという話もある。篠原側としては、配信ドラマや映画なら"自粛対象にならない"という判断のようだが、こんな声も一部で上がっている。

「配信ドラマや映画を予定通り公開することに関して特に異論はありませんが、少々引っ掛かるのはこれらのプロモーションのためのバラエティ番組への出演です。年下韓流アイドルとの不倫が離婚原因とも噂されているわけですから、堂々とバラエティ番組で大はしゃぎするのはいかがなものか。所属事務所としては『既に半年近く自粛していたのだから』という判断なのでしょうが、地上波のテレビを見る視聴者が果たして納得しているのかは不明です。本当に反省しているのだろうかと思われても仕方ないでしょうね」(芸能プロ関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す