“アクティビスト”紗栄子はどこへ向かう? ウクライナ侵攻でも人道支援に名乗り

公開日: 更新日:

 タレントの紗栄子(35)が代表を務める支援団体「Think The Day」が2月26日からロシアの軍事侵攻を受けているウクライナへの人道支援金を募集し、2日からチャリティーTシャツの販売を開始したことを機に、改めて紗栄子がアクティビストとして注目を集めている。紗栄子は「日テレジェニック2003」に選出されて芸能界に仲間入りしたが、一般には、米大リーグで活躍するダルビッシュ有投手(35)の前妻、もしくは、実業家でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(46)の元恋人としての認知度の方が高いだろう。

 ロシアがウクライナ侵攻を始めてから、世界中のセレブが支援に動きだした。祖母がウクライナ出身というレオナルド・ディカプリオ(47)は、個人で1000万ドル(約11億5000万円)を寄付。アンジェリーナ・ジョリー(46)も、難民支援に訪れていたイエメンからインスタグラムで、ウクライナも含めた世界の難民たちへの平等な支援を訴えた。国内でも「X JAPAN」のリーダー・YOSHIKI(年齢非公表)が1000万円を寄付したが、こうしたセレブに負けじと支援活動に乗りだした紗栄子はどこへ向かうのか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?