芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

久々に表舞台に現れた吉高由里子の変化に注目集まる! 広瀬アリスと大倉忠義の熱愛発覚で

公開日: 更新日:

 吉高由里子(33)が14日、久々に表舞台に姿を現して芸能関係者やファンをざわつかせた。昨年の吉高主演のドラマ「最愛」(TBS系)がデジタルコンテンツなどの制作者を表彰する「第27回AMDアワード」の「大賞/総務大臣賞」に輝き、吉高が授賞セレモニーに出席した。

 この日の吉高は、軽く見える茶髪を下ろし、落ち着いた黒のワンピース姿。久々の公の場の登場を待ち構えていたカメラマンたちは吉高の容姿の変化をしっかり捉えていた。

「吉高さんは以前より頬のあたりがふっくらとして、丸顔に変わっていました。着ていたワンピースも体形を隠すようなシルエットで、そんな服の上からも彼女のムチムチ感ははっきりと確認することができました」(女性誌カメラマン)

 吉高の授賞式での登壇姿が報じられると、SNS上には〈ファンデーション白過ぎ……。オーラがなくなって、もうラブストーリーはムリなのでは〉〈目が死んでる……大丈夫か?〉〈5年前の始球式は幸せ太りって言われたけど、今のは何太り? コロナ太り? ヤケ酒でもあおってんじゃないの〉といった声があふれた。

 実は吉高が授賞式に登壇するという情報が流れた直後から、芸能マスコミには緊張が走った。今年1月に「関ジャニ∞大倉忠義(36)と広瀬アリス(27)の交際が一部スポーツ紙に報じられたためだ。大倉と吉高は、2016年に交際を「フライデー」されてから、半同棲やバリ島への婚前旅行など何度も熱愛報道があったものの18年に破局。その一方で昨年には“復縁説”も囁かれた。そんな吉高から大倉と広瀬の交際報道についてコメントを取ろうと一部女性誌が吉高のマンション周辺を張り込んでいたとも聞く。実際、この約2カ月間、吉高はどんな思いで過ごしていたのか。

「吉高と親しい近藤春菜の“春菜会”のメンバーが発起人になり、連日のように“励ます会”が開かれたと聞いています。吉高からすれば当然、『どうして私はダメで、広瀬はOKなの?』と思うはず。そんな吉高の心の叫びを親友たちが受け止めてあげたということでしょう」(ベテラン芸能マネジャー)

 吉高が荒れる気持ちも分からなくもない。大倉との交際発覚時、28歳だった吉高は「30歳までには結婚したい!」と周辺に漏らし、“女優引退”を考えるほどまで思い詰めたが、結局ゴールインすることはかなわなかった。

 結婚は相手側の事情も大きく左右する。

吉高と大倉の結婚がかなわなかった5年前の事情

「吉高さんと大倉さんの結婚の行方が大きくクローズアップされた5年前は、ちょうど『SMAP』解散直後でした。ジャニーズ事務所には、とても後輩グループのメンバーの結婚を容認する雰囲気はありませんでした」(芸能プロ関係者)

 ジャニーズ事務所には所属タレントと女性の交際を容認するか否かの一定の基準も存在するという。

 結婚を左右する最大のポイントは交際相手の好感度。女性ファンからの拒否反応が少なければ少ないほど、結婚の可能性は高まることになる。

 ちなみに大倉との交際が発覚した16年当時の吉高のCM契約数は5本で、広瀬の現在のCM契約数は14本。どちらが男女問わず好感度を得ているかは一目瞭然だろう。ジャニーズ事務所としては“トップアイドルの大倉にふさわしい交際相手”として、広瀬を評価しているのかもしれない。タイミングと言えばそれまでだが、吉高が結婚を逃した現実を受け止められるまでにはまだしばらく時間が必要なようだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す