「相棒」5代目後任選びがまだ難航中…“ポスト反町”長期安定の座に就くのはダレ

公開日: 更新日:

 人気ドラマ「相棒season20」(テレビ朝日系)がクランクアップした。今シーズンで卒業の“4代目相棒”反町隆史(48)は「無事完走できたことを本当にうれしく思っています」と涙を浮かべてコメントした。

 反町は2015年10月の放送から7年間にわたって出演。「歴代最多出演回数」を更新したが、その後任者選びが難航しているという。さるテレ朝関係者はこう話す。

「3月放送の最終回でポスト反町を発表したかったが、恐らく間に合いそうにもありません」

「相棒」は水谷豊(69)演じる警視庁特命係の杉下右京が冠城亘(反町)と共に難事件を解決していくテレビ朝日のドル箱人気シリーズ。当然だが、テレ朝や制作元の東映には連日、多くのプロダクションから売り込みが殺到しているという。歴代の「相棒」は、寺脇康文及川光博成宮寛貴、そして反町隆史と変遷をたどっているが業界では現在、“ポスト反町”について、さまざまな情報が飛び交っている。

“5代目”を襲名するのは?

「反町と同じ事務所に所属する後輩の福士蒼汰から、『相棒』のスピンオフ映画第2弾『相棒シリーズX DAY』(2013年)にサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月役で出演した田中圭、また水谷と龍平の父である優作とは旧知の間柄で関係性も深い松田龍平の名前も挙がっています」(制作関係者)

「相棒」のポジションをゲットすることは、俳優にとって、高視聴率が約束され、かつコロナ禍のさなか長期間の安定した仕事を手にすることを意味するが、“5代目”を襲名するのは果たして誰なのか。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今