伊藤さとり
著者のコラム一覧
伊藤さとり映画パーソナリティー

映画コメンテーターとして映画舞台挨拶のMCやTVやラジオで映画紹介を始め、映画レビューを執筆。その他、TSUTAYA映画DJを25年にわたり務める。映画舞台挨拶や記者会見のMCもハリウッドメジャーから日本映画まで幅広く担当。レギュラーは「伊藤さとりと映画な仲間たち」俳優対談&監督対談番組(Youtube)他、東映チャンネル、ぴあ、スクリーン、シネマスクエア、otocotoなど。心理カウンセラーの資格から本を出版したり、心理テストをパンフレットや雑誌に掲載。映画賞審査員も。 →公式HP

大混戦!米アカデミー賞主演女優賞は最年少のクリステン・スチュワート推し

公開日: 更新日:

 3月28日(日本時間)に授賞式が迫ってきた米アカデミー賞。いったいどの映画が受賞なるか、と期待が深まる中、今年、混戦を極めるのが主演女優と言われています。

 しかも興味深いのは、主演女優賞に輝いた5人の出演作がいずれも作品賞や監督賞にノミネートされていないこと。その理由は作品への評価よりも、主演女優の演技力が際立っていたことからノミネートされたのではと推察しています。ただし主演女優賞作品も全て鑑賞した筆者としてはどの作品も秀作であり、いずれも描かれるテーマの世界観が今回の作品賞ノミネートに比べるとやや狭まっていただけなのかもとも感じています。

 しかしながら、5作品ともに女性として生まれた人々が抱える問題に焦点を当てたものであり、うち3本は実話がベースというアカデミー賞好みのラインナップです。では、どんな作品なのか、注目作を踏まえてご紹介します。

■“実話”3本のうち2本はお茶の間の人気者が主人公

 まずは『女王陛下のお気に入り』(2018)で一度アカデミー賞主演女優賞を手にしているオリヴィア・コールマン主演の『ロスト・ドーター』。これはNetflix作品であり、バカンス先で、オリヴィア・コールマン演じる主人公の中年女性が若い母娘と出会ったことで過去の子育ての苦労がフラッシュバックし、思いも寄らない行動に出てしまう、というもの。

 次に『それでも恋するバルセロナ』(2008)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したペネロペ・クルス主演のスペイン映画『パラレル・マザーズ(英題)』。本作は同じ日に出産し、共にシングルマザーとして娘を育てる二人の女性の数奇な運命を描き、死生観を綴った作品です。

 実話ベースの3本のうち2本は、偶然にもお茶の間の人気者が主人公というのも興味深いですね。ひとつは今までアカデミー賞ノミネーションだけでとどまっているジェシカ・チャステイン主演、テレビ伝道師タミー・フェイとジム・ベイカー夫婦の波乱万丈な人生を描いた『タミー・フェイの瞳』。2つめは『めぐりあう時間たち』(2002)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したニコール・キッドマン主演、人気シットコム「アイ・ラブ・ルーシー」のリカード夫妻を演じたルシル・ボールとデジ・アナーズ夫婦の表と裏の姿を描いた『愛すべき夫婦の秘密』です。

■ノミネート最年少のクリステン・スチュワートが鮮烈に演じるダイアナ妃

 そんな中、世界中に知られる悲劇のプリンセス、故ダイアナ妃の知られざる3日間を描いた作品『スペンサー ダイアナの決意』でアカデミー賞初ノミネートとなったのがクリステン・スチュワート。その姿は仕草や話し方からダイアナ本人を彷彿させ、ダイアナの壊れゆく精神をカメラがしっかりと捉えるという圧巻の映像表現でした。

 個人的には5人の中で最年少であり、初ノミネートのクリステンの演技が脳裏に焼き付くのみならず、シャネル全面協力による当時のダイアナファッションや見惚れるほどの画や、その後に起こった歴史に残るニュースへの伏線としても極上のサスペンスに仕上がっている本作を推したいところですが、結果はさて?

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す