清原果耶「ファイトソング」のツボは? 地味~な1月期ドラマでも終盤で盛り返せる条件

公開日: 更新日:

 GP帯の冬ドラマも終盤。世帯視聴率では阿部寛(57)主演のTBS系日曜劇場「DCU」がトップを独走し、“満足度”では菅田将暉(29)主演のフジテレビ系月9「ミステリと言う勿れ」がトップだ。

「毎クール終盤に差しかかると、ネット上で〈〇〇ロス〉なんて言葉が目立つようになりますが、今のところあまり見当たりません。総じて地味なクールだった」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 確かに「DCU」「ミステリ」、そして定番の「相棒」以外、世帯視聴率の全話平均は2ケタに届いていないが、その一方で、こんな声も。

 テレビコラムニストの亀井徳明氏は「世帯視聴率だけ見ればそうかもしれませんが、今期はテーマやジャンルが偏らず、ドラマファンはそれぞれの好みを見つけられやすかったと思います。2ケタに届かなくても、7~8%で安定した作品が多い」と、こう続ける。

「テーマやジャンルに関係なく、“謎”で引っ張る作品が目立ちました。主人公の圧倒的なキャラクターや作品の世界観、サブキャラの魅力、そして、〈この先どうなっちゃうんだろう〉という興味の持たせ方がそれぞれ成功していたから、極端に数字を落とすこともなかったのでしょう」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで