桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

NHK朝ドラ「カムカム」のラストは…さまざまな伏線は最後にどうまとまるのか?

公開日: 更新日:

 3人のヒロインで100年を描く朝ドラ「カムカムエヴリバディ」も残り1カ月あまり。先月26日、無事撮影がクランクアップ。通常なら花束を持ったヒロインを囲んでの集合写真などが出るはずだが、今回は写真もなく、コメントも制作統括者の言葉のみ。「ネタバレを避けるため」ということらしいが、そこまで厳重に隠されたら逆に知りたくなるのが人情というもの。どんなラストになるのか。

■安子とるいは再会して和解するのか

 上白石萌音が演じた初代ヒロイン・安子の岡山編、深津絵里演じる2代目ヒロイン・るいの大阪編と続き、今は川栄李奈演じる3代目ヒロイン・ひなたの物語で、るいはそのまま、ひなたの母親として続投している。

 そしてここにきて張り巡らされた伏線が最後にまとまるという目で見ているが、どうなる?

 まずは安子編の岡山の人たち。叔父にあたる勇(村上虹郎)とるいはその後一度も会わないままだ。雉真家の人たちのその後はどうなった?

 るいの大阪編。住むところも仕事もなく、家出同然に大阪に出てきた縁もゆかりもない娘を家族同然に育ててくれた「竹村クリーニング店」の夫婦の村田雄浩&濱田マリはどうしている? あんなにお世話になりながらあれ以来、一度も会ってないなんてことは……。京都~大阪間なんて小1時間もあれば行けるゾ。

るいの伯父・算太はあのままいなくなるのか

 錠一郎(オダギリジョー)はジャズバーの2階に住んでいたが、マスター(近藤芳正)には連絡をしているのか。このままだと夫婦揃ってとんでもない恩知らずだ。

 錠一郎の友人、トミー(早乙女太一)は東京へ行って成功したのか、ササプロの娘、笹川奈々(佐々木希)、るいと最初にデートした弁護士の片桐(風間俊介)は?

 ひなた編の謎はるいの伯父、算太(濱田岳)だ。再登場したかと思ったらサンタ黒須と名乗って回転焼き屋まできたのはいいが、「るい……」とつぶやいて逃走。安子の貯金を持ち逃げしたどうしようもない兄だから姪のるいに合わせる顔がないというのはわかるが……。そして働かない男・錠一郎。トランペットはマスターの所に預けたまま?

 一度少年野球を見ながら音符をメモする場面があったが、実は音楽を続けてましたというのではさすがに視聴者も納得しないだろう。

■上白石萌音とそっくり宮崎美子待望論

 最大の謎はやっぱり安子とるい、母娘のわだかまりが氷解するか。「アイ ヘイト ユー」のままで終わってしまうのはあまりに安子が気の毒。海の向こうでどうしているのか。仮に再会するとして上白石が老けメークで出てきても不自然極まりない。ここはそっくりと評判の宮崎美子に登場願ったら。上白石はひなたの娘役で再登場とか。ぐるぐる回るヒロイン輪! ってことで。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった