井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

いい加減なことばっかり言う元総理は廊下でバケツ持って立ってろ

公開日: 更新日:

 先週、ロシアの愚行が先例になり、世界の独裁主義のゾンビたちが息を吹き返すと書いたばかりなのに、もう、元首相の安倍などがテレビで妄言を吐いたので、笑ってしまった。NATO加盟国の一部が採用するアメリカの核兵器を国内に置いて共同運用する「核共有」を、日本も考えるべきだと平気な顔で言ったのだ。ウクライナ侵攻の中、ドイツやベルギーがアメリカの核兵器を置いてることを日本人は知らないし、「世界はどのように安全が守られているかという現実をタブー視してはならない」とか。何のこともない。元首相は日本も核武装したらいいと思ってるんだろ。プーチンの核の脅しに釣られて言っただけだ。おまけに、日本は核拡散防止条約に加盟して「非核三原則」を持つ被爆国だし核廃絶の目標に向かって進んでいくのは大切と、右脳も左脳も溶け出すような弁解までした。目標を掲げてるなら核を持ったらアカンだろが。いい加減なことばっかり言うヤツだ。廊下でバケツ持って立ってろ。「限定核でいいから核保有して武装しよう。抑止だ。使わなきゃいいんだ」とハッキリ言ってみろ。核武装が抑止になるならおめでたい話だが、やる気があるヤツは真っ先に狙ってくるんだぞ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」