黒柳徹子のタワマン購入は“おひとりさま終活”か…後見人候補「ビーズ王子」も同フロアに

公開日: 更新日:

 黒柳徹子(88)が30年住んだ家を転居し“終活”を進めていると発売中の「女性セブン」が報じている。

 黒柳は都内で複数不動産を所有し、芸能界では故・樹木希林さんと並ぶ“不動産好き”。そんな黒柳も06年に同居していた母・朝さんが亡くなったのと前後して04年に中央区のマンション1戸、17年に港区のマンション2戸を売却。さらに自宅として“アーケード商店街の周辺に閑静な住宅街が広がる、若いファミリー層に人気のエリア”のタワマンの高層階を購入。

 しかも同じフロアには、“黒柳の後見人”と目される人物も住んでいるというのだ。

後見人は「ビーズ王子」か

 後見人らしき人物とは、ビーズ王子こと、ビーズ刺繍デザイナーの田川啓二氏(62)とそのパートナーの男性A氏。田川氏はカンヌ映画祭で女優が着用するオートクチュールビーズのドレスなどを手がけるカリスマ。02年に「徹子の部屋」に出演したのを機に親交を深め、16年には田川氏が黒柳の事務所の代表に就任。

 18年には代表をA氏に譲り、田川氏は黒柳徹子記念財団の代表理事に就任。そして今回、黒柳は住み慣れた都心を離れ、田川氏らが長年住むエリアに引っ越したという。住宅ジャーナリストの榊淳司氏がこう言う。

「芸能人は出入りを見られたくないので、エレベーターで一般人と顔を合わせるタワマンは大物になるほど選びません。あの黒柳さんが商店街を歩くとも思えませんし、2人への信頼は相当でしょう。アーケードの商店街、若いファミリー層といったキーワードからは月島や武蔵小山あたりが該当しますが、みな換金性が高く、亡くなった場合にも処分しやすい。終活においてスマートな選択とも言えます」

“おひとりさま”黒柳のついのすみかはタワマンのようだ。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?