二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

渡部建にTV局は冷ややか、東出昌大は事務所に見捨てられ…復帰への苦闘はまだまだ続く

公開日: 更新日:

 不倫を入り口に試練に立たされた渡部建(49)と東出昌大(34)。ようやく見えてきた2人の出口には別の景色があった。

 渡部は不倫そのものより「多目的トイレを利用したふしだらな行為」のインパクトがあまりに強かった。世間から大きな批判を浴び全番組降板して活動自粛。豊洲で働くなど芸能界引退ともいわれたが、やはり芸能界復帰に向けて画策。以前、日テレで番組復帰に動いたこともあったが、情報が漏れて挫折していた。

 次なる一手が千葉テレビの「白黒アンジャッシュ」で相方の児嶋一哉とのコンビでタレント活動だった。1年8カ月ぶりの活動を児嶋は「葬式のようだった」と振り返った。全国ネット進出の足掛かりにするはずだったが、早くも暗雲が漂う。提携するTOKYO MXでは放送終了。渡部に対してNOを突き付けたに等しい。

「クスリで捕まっても1年ぐらいで復帰できるのに、不倫で復帰できないのはおかしい」という人もいる。確かに不倫は個人の問題。謹慎の必要はない。最近でも中村芝翫は仕事を続けているが、渡部は不倫の内容を問題視されている。自ら謹慎したのも「世間に合わす顔がない」破廉恥行為だったことに他ならない。テレビに出れば女性から猛反発を受けるのは必定。テレビ界も必ずしも渡部を必要としていない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外