二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

DAIGOは「“七光”をどこでどういう形で活用するか」の見本を示した

公開日: 更新日:

「新婚さんいらっしゃい!」の新司会者は桂文枝から藤井隆に。アシスタントは山瀬まみに代わり井上咲楽にバトンタッチ。両者とも事務所の後輩が受け継ぐ形になった。同じ大阪・朝日放送制作の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は新たにミュージシャンでタレントのDAIGOを司会に起用。4月から新装開店する。タイトルは「DAIGOの台所」のゴロの良さだが、どんな番組もタイトル名は視聴率につながる大事な要素。

「タイトルだけでいかにどんな番組だろうと関心を持ってくれる。逆にタイトルによっては興味なしと思われる可能性もある」(テレビ関係者)

 実際、今期のドラマでも大河の「鎌倉殿の13人」は数字を入れただけで十分なインパクトを持たせた。対照的に堤真一主演の「妻、小学生になる。」はストレート過ぎるタイトルで内容がほぼ透けて見えてしまうきらいがあった。視聴率は初回から7%台と低迷している。

 タイトルはあくまでも入り口だが、DAIGOと台所と料理の不思議な組み合わせも関心は増す。

 タレントが司会の料理番組といえば、古くは高島忠夫が寿美花代夫人とおしゃべりを交えながら料理の手さばきを見せた「ごちそうさま」が草分け的な番組として知られる。俳優の金子信雄と東ちづるの「楽しい夕食」も人気だった。「仁義なき戦い」など癖の強い悪役で存在感を示す俳優だった金子の意外性あふれる包丁さばきと毒舌を交えた料理のうんちくに主婦も驚かされた。東もこの番組で人気者になり飛躍するきっかけになった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記