ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

“役立たず”アベノマスク再利用に右往左往 延々と質の悪いコントを見せられる国民

公開日: 更新日:

 国会中継を見て驚いた。維新の会の市村議員がアベノマスクの再利用として「産着」を紹介し、マスク以外の利用法もあることを認めるよう厚労大臣に促したのだ。一体何を見せられているのだ我々は。質の悪いコントか。

「ガーゼを取り出して5枚を縫い合わせれば産着ができる」って。戦時中の生活の知恵か。だったら普通にガーゼで作ればいい。なんでわざわざアベノマスクで無理やり作らなきゃならんのだ。これ、裏返せば、マスクとしては役に立たないって認めてるようなもんじゃないか。

 だいたいそもそも感染対策には不向きな質の悪いマスクを作っておいてそれに総事業費500億円もかけ、しかも8000万枚、115億円分余った。その保管に6億円、検品に20億円、しかも1割強が不良品。これはもう紛れもない失策ではないか。なぜそれを認めないのか。廃棄処分には6000万円、希望者に配送するには10億円ともいわれている。どう考えても廃棄するべきだろう。世に出てはまずい書類やオリンピックの弁当はすぐに捨てるくせに、なぜ捨てられないのか。

 安倍守(アベノカミ)様のメンツを保つためなのか。老中岸田が希望者を募り、それでも余ったら廃棄と決めた。さあ、安倍守様に恥をかかせてはいかんと、全国の大名たち30万人が手を挙げた。2億8000万の希望があったと地元の集まりで安倍守様ご満悦だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記