本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

西川のりおさんに取材すると「うめだ花月においでや、タダで入れるがな!」

公開日: 更新日:

 1983年から漫才作家稼業を始め、最初に仕事でお会いした有名人が西川のりおさんでした。

 当時、漫才を書くだけではとても食べていけないので、テレビ・ラジオ・出版関係と手広く関西圏の仕事をしていたリサーチ会社でアルバイトをしていました。

 2年目の時、「週刊現代」の取材でのりおさんのインタビューをすることに。取材といっても自分で記事など書けるはずもなく、先輩のライターから質問項目を書いた紙を渡され、カセットのテープレコーダーを持って、ただただ話を伺うだけの役目で楽屋を訪ねました。

 漫才ブームを経て「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)などバラエティーでも大人気。“超”のつく売れっ子で、その豪快な芸風から“壊し屋”“暴走王”などと呼ばれ、会社でも「余計なことを言って怒らせないように」とクギを刺された私は緊張でガチガチ。ご挨拶と取材の趣旨を説明すると「よろしくお願いします。君が書くのん? バイトで話を聞きに来ただけなんや。君はライターになりたいんかいな?」とこちらが質問され、「将来は漫才だけを書いて食べていける作家になりたいです」とお伝えすると「漫才書いてんのかいな!? (ギャラが)安いから大変やぞ。そうかいな、頑張りや!」と励ましていただき、インタビューを終えると「これからうめだ花月行くけど、時間あんねやったらおいでや。タダで入れるがな!」とうめだ花月へ連れていっていただき、出会った劇場スタッフの方に「この子、漫才書いてんねん。なんかあったら呼んだってや。名刺渡しとき」と紹介してくださり、「頑張りや! またウチ(西川のりお・上方よしお)のも書いてや」と背中を叩いていただきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す