「hana -1970、コザが燃えた-」松山ケンイチが沖縄の怒りと苦悩を体現

公開日: 更新日:

 脚本・畑澤聖悟、演出・栗山民也は名作「母と暮せば」のコンビ。

 今年5月で沖縄返還から50年を迎えるが、本土復帰後も沖縄には米軍専用施設が集中している。しかも、日本政府は「台湾有事」をあおり、沖縄を含む奄美・八重山など南西諸島の自衛隊ミサイル基地化を推進し、辺野古の新基地建設も県民の反対にもかかわらず進んでいる。

 戦後、アメリカの軍政下に置かれ、理不尽な圧政に苦しめられた沖縄県民が本土復帰を前に怒りの臨界点に達したのが、タイトルとなっている「コザ騒動」だ。

 舞台は1970年12月20日の深夜。コザ市ゲート通りにある、米軍公認のAサインバー「hana」。経営者はヒモのジラースー(神尾佑)と同居するおかあ(余貴美子)。この日、久しぶりに息子のハルオ(松山ケンイチ)が店に現れる。彼は高校を卒業した後、アシバー(ヤクザ)になって何年も家に寄り付かなかった。

 そこに地元で教員をしている弟のアキオ(岡山天音)が祖国復帰集会帰りに同僚の比嘉(櫻井章喜)と本土のカメラマン・鈴木(金子岳憲)を連れてやってくる。実はこの日、おかあがかくまっている脱走米兵(玲央バルトナー)を「JATEC」(反戦脱走米兵援助日本技術委員会)に引き渡す手はずになっていたのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂