森七菜に“マスク拒否”報道の仰天!「逃亡医F」共演者は大丈夫なのか?

公開日: 更新日:

 連続ドラマ「ユーチューバーに娘はやらん!」(テレビ東京系)で主演を務める佐々木希(33)に続き、25日も深田恭子(39)や吉岡里帆(29)ら人気女優の新型コロナウイルス感染報告が相次いだ。

 ドラマの出演者は基本的に撮影ごとに検温を済ませてPCR検査を受ける。この状況下で検査の回数が多ければ陽性が判明する確率も高まるのかもしれない。

 そんな中、耳を疑う報道が飛び出した。1月期の連続ドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系)に出演中の森七菜(20)が撮影現場でマスクやフェイスシールドの着用を拒否して周囲やスタッフを困らせているというのだ。22日配信の「サイゾーウーマン」が〈森七菜、ドラマ『逃亡医F』現場でも“問題児”扱い!? スタッフを困らせる「行動」とは〉という見出しとともに報じた。

「情報番組の出演者がノーマスクでそれぞれの距離が近かったり、アクリル板を越えて大声で話す人がいることが指摘されています。ただ、代役を立てることが難しいドラマの撮影現場はコロナ感染対策を徹底しています。それでも佐々木希さんの主演ドラマのように集団感染が起きてしまうこともある。森さんのような若手女優がこれだけコロナ感染者が急増している状況下で、スタッフにお願いされているにもかかわらずマスクの着用を拒否しているという報道が事実だとしたら、驚くしかありません。にわかに信じがたいというのが率直な感想です。もっとも、最終的に俳優は本番ではマスクもフェイスシールドも外すことになるわけです。森さんがどんな場面でマスク着用を“拒否”しようとしたのかを知りたいところです」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実