もはや叶姉妹はフツーに見える…芸能人「異次元の美意識」背景と行き着く先

公開日: 更新日:

 コロナ禍になり、芸能人の美意識が飛躍的に高まっている。

 写真をメインにしたSNS、インスタグラムを中心に、ネット上では日々「〇〇さんが美しすぎる」という話題があふれていて、最近の注目株は、今年末での休養を発表した氷川きよし(44)。髪もセミロングになり、美肌は女性たちの憧れの的に。

 また、美のカリスマと呼ばれる山咲千里(59)は、還暦を目前に少女のようなドーリー顔を披露し「別人すぎる」と話題。性転換したダンサーでタレントのkaba.ちゃん(52)はジェニファー・ロペス風ハリウッド美女路線に。

大衆よりも信者

 美白王子のMatt(27)もますます白さを増し、美容家のIKKO(60)はセクシー唇が加速。美容外科の力も借りてアンチエイジングをはるかに超えた、“異次元の美”へと向かっている。

 あの叶姉妹も今や「ファビュラス」と称賛され、フツーに見えてくるほどだが、心理学者の富田隆氏はこう言う。

「SNSで発信すると進化していく自分をコアなファンが応援し、認めてくれるためにますますハマっていきます。一般人からすると度を越えた美しさでもありますが、本人的にはわかってくれる人に認められれば満足で、氷川さんも大衆にホメられるより、自分の世界観を理解してくれる信奉者に支持してもらえるほうがうれしいのです」

 こだわりが過ぎると一般社会では理解されにくくなるのが常。美意識という究極の自己満足の行き着く先は「メタバース・仮想現実の世界かもしれません」(富田氏)というから、彼・彼女たちに美のゴールは存在しないのかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗