海老蔵×キンコン西野「プペル」はまともな新作歌舞伎になっていた

公開日: 更新日:

 今月から歌舞伎座は、2年前のコロナ禍以前と比べると約3割の値上げとなった。それだけ経営的に苦しいのだろう。販売されるチケットもこれまでの半分から3分の2と増えた。初日や次の日は売れていたが、その後は完売には程遠い。

■見かけの華やかさとは裏腹の厳しい現状が…

 先日は唯一の歌舞伎専門誌「演劇界」の休刊も発表された。見かけの華やかさとは裏腹の、厳しい状況が垣間見える。

 海老蔵の新橋演舞場も、完売とはならなかった。キングコング西野亮廣の絵本を原作とした、新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』で西野自身が脚色した。

 海老蔵がプペルを含む3役、原作では主人公だった少年を、堀越勸玄と市川ぼたんが交互に演じる。

 原作やアニメ映画では、ファンタジーなので、どの時代のどの国の物語なのかは分からないが、歌舞伎版では日本の天明時代と明確にし、浅間山の噴火後で、田沼意次が権勢を振るっていたが失脚するという歴史的事実を背景にした物語にしている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

  2. 2
    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

  3. 3
    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

  4. 4
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  5. 5
    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

もっと見る

  1. 6
    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

  2. 7
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  3. 8
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 9
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  5. 10
    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮