大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

公開日: 更新日:

 大泉洋が大車輪! 9日に始まった好評の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源頼朝を演じ、その前には2年連続で紅白の司会を務め、12月に世界同時配信されたネットフリックスの「浅草キッド」は人気ランキングの国内トップに。現在、48歳。50歳を前にした大泉に風が吹いている。紅白で見せるひょうきんさと暑苦しさが大泉の素の持ち味なら、ドラマの大泉は陰と陽とか、動と静をうまく使い分けるカメレオン俳優だ。

「鎌倉殿」は伊豆で流人として過ごす頼朝と初代執権北条時政の息子、後に2代目執権となる義時が中心に物語は進む。頼朝は「戦は苦手」とみやびで穏やかな性格。北条時政の娘・政子と蹴鞠(けまり)に興じる一方で、息子が平家方に殺されたと知らされるや、打って変わって「許さん」とすごむ。頼朝には後に2代目執権となる小栗旬演じる主役の義時が仕えるが、義時が頼朝や時政の顔色を見ながらオロオロすることで、大泉の頼朝がより際立っている。

「浅草キッド」はビートたけし原作の浅草フランス座を舞台にした、ツービートが世に出るまでを描いた作品。監督・脚本は劇団ひとり。たけしを柳楽優弥、師匠の深見千三郎を大泉洋が演じている。深見が弟子を「この野郎!」とどやしつけるが、「この野郎」はたけしの口癖ではなく、師匠からの引き継いだ芸と納得。また、深見の突き放しながら弟子を育てる姿は愛情の裏返しで、その師弟関係がなんとも昭和っぽくて親しめる。深見が「笑われるんじゃないぞ、笑わせるんだ」と早口でまくし立てる姿は動の大泉の真骨頂だろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点