三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

抗原検査とPCR検査をダブルで…多分大丈夫でしょう、大丈夫じゃないと困ります

公開日: 更新日:

 いやぁ肝を冷やしました。いやまだ終わってないのかな? 1月19日(水)の朝、ラジオ番組の共演者が発熱との第一報。今日の出演は無理だなぁなんて思ってたところにPCR検査で陽性反応が出たとの続報が。2日前に同じスタジオで仕事をしていた私は濃厚接触なの? でもスタジオ内はアクリル板で仕切られてる上でマスクを着用して放送してました。うん、大丈夫。

 俺は関係ないと思い込もうとしましたが、かかってなくても濃厚接触認定されたら14日間隔離されるという話を聞いたこともあるので、今週末久々に入ってた落語の仕事2本と来週の独演会はダメかぁ、いや今日のラジオ放送は? いやいやこれから2週間のラジオは? と軽くパニックに。

 気を取り直してラジオ局に入ると番組プロデューサーからは抗原検査のキットを渡されこれで陽性が出たら次はPCR検査との指令が。インフルエンザの検査のように鼻に長い綿棒を突っ込み涙目になりながら粘膜の採取。その後液体に綿棒を浸してからその液体をキットに。妊娠検査薬に似てるなぁなんて思いながら結果が出るのに15~30分かかるとのことで、「2週間隔離になったらどうしようかなぁ……Netflixぐらいしか楽しみないよなぁ……新聞記者はまだ2話だから続きを……」なんてことを考えていると陰性の判定! よっしゃー! と喜んだ20分後「念のためPCR検査も」だって。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗