流血デスマッチレスラーだったターザン後藤さん 53歳で再婚→妻の実家のラーメン店で修業中

公開日: 更新日:

ターザン後藤さん(元力士、元プロレスラー/58歳)

 大相撲初場所の最中だが、角界から転身したプロレスラーは多い。力道山はじめ、天龍源一郎、曙太郎、田上明ら枚挙にいとまがない。本日登場のターザン後藤さんもそのひとり。全日本プロレスでデビューし、移籍したFMWでは大仁田厚を相手に「ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ」で大暴れした。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「野菜炒めに太楼ラーメンね。少々お待ちください」

 東京スカイツリーのお膝元、都内墨田区押上。押上駅から歩いて3分ほどの町中華「太楼ラーメン」へ行くと、ターザン後藤さんが厨房でオーダーを確認しながら中華鍋を振っていた。

「5年前の12月17日に、ここの店長と結婚しましてね。その際、義理のお母さんに『店のほうも、しっかり頼むね』って。そう言われたら手伝わないワケにはいかないですよ」

 白髪交じりの長い髪を後ろで縛り、口元はトレードマークのヒゲだらけ。額に刻まれたいく筋もの深い傷痕がデスマッチレスラーの勲章だ。

「お互い再婚。妻の連れ子で、31歳と27歳の娘の父親になりました」

 そもそも、どこで知り合ったのか?

「最初はお客だったんですよ。『ワンタンがおいしい』って評判だったから、9年前の夏に1人でブラッと。そうしたらなぜか、カウンターが空いてるのに案内されたのは奥の座敷。で、出されたのがワンタン抜きのスープ。でも感じが良くて、一目惚れってヤツですかね。ずっと通うようになったんです」

 一方、3歳年下の恋女房・好江さんは後藤さんを「“反社”稼業」と早とちり。無理もない。初来店時の格好は、サングラスに甚平姿。額はギザギザ、丸太ん棒のような腕も傷だらけだから当然だろう。

 好江さんが振り返る。

「とにかく顔を合わせず、早く帰ってもらおう、二度と来ないで、って。なので2回目以降も塩対応。いつだったか、レバニラ炒めを注文され、レバー抜きで出したこともありました(笑い)」

 風向きが変わったのは、常連に「ターザン後藤さんだよ」と教えられてから。話してみると、誕生日が同じで小学校の同窓生。「赤い糸が見えました」(後藤さん)

 大相撲出身で、米国時代にレストランで働いていただけに調理経験はある。だが「中華は難しい」と後藤さんは苦笑い。

「同じ材料と調味料、レシピで作るんだけど、義理の母や妻にはまだかなわない。5年経ってもまだ修業中です」

退団騒動の真相は「墓場まで持っていく」

 静岡県島田市出身。中学卒業直後に九重部屋に入門し、1979年3月に初土俵を踏んだ。だが角界は肌に合わず8カ月ほどで廃業し、81年に全日本プロレスに入団。がむしゃらなファイトで注目を浴び、83年のプロレス大賞・新人賞を受賞した。

 85年から89年まで米国遠征。そして大仁田厚のスカウトで新団体「FMW」の旗揚げに参加し、“鬼神”のニックネームでデスマッチ路線を突っ走った。

 90年8月には、大仁田と史上初のノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチを敢行。プロレス大賞・年間最高試合賞を受賞した。

「爆破の瞬間? 肉がね、バシッとはじける感じ。痛み自体、試合中はアドレナリンが出てるせいかあまりないんですが、リングを降りてから2、3日の間、やけどでジワジワと痛みが続きます。体の負担は大きいし危険。でも全日本や新日本に挟まれた中でFMWが生き残っていくには、他団体と違う目立つことしないとお客さんに来てもらえません。痛いだのつらいだのと言ってる場合じゃなかった」

 そんな中、95年5月、大仁田の2回目の引退試合の対戦相手に。だが直前に退団し大騒動となった。その原因やいかに?

「んー、これまで100回を超えるくらい同じ質問されてるんだけど、ノーコメントなんだ。真相は墓場まで持っていくつもり」

 新型コロナ禍のため試合は延期しているが、現在も2010年に旗揚げした「スーパーFMW」の代表であり現役レスラー。出勤前に4時間のトレーニングは欠かさない。同団体の事務所は1駅隣の曳舟駅そばのスナック「スーパーFMW 茜」にある。「太楼ラーメン」の営業は18時(日曜のみ15時)から深夜0時。閉店後は「茜」へ移動し、深夜2時(金・土曜は朝4時)まで接客をしている。(※新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗に確認してください)

(取材・文=高鍬真之)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?