コロナ禍で仕事が激減「暇だからといって落語の稽古はしません」

公開日: 更新日:

 上方落語の林家染雀は、大阪の落語家を対象にした賞を多数獲得している。なにわ芸術祭新人奨励賞、繁昌亭大賞、文化庁芸術祭優秀賞などだ。

 また、女流の桂あやめと、「姉様キングス」という音曲漫才ユニットを組む。その際、芸者姿やドレス姿での女形ぶりがあまりに板についていることから、「ひょっとしたらゲイでは?」と噂される。

 そんな話も含めて、語ってもらった。まずはコロナ禍における大阪の現状から伺おう。

「コロナが蔓延して以来、上方落語のフランチャイズの繁昌亭は、閉館している期間が長かったですね。上方落語協会の笑福亭仁智会長の方針もあって、東京の寄席より慎重な対応だったと思います。現在も客席の半分しか入れてません。個人的には、僕は学校寄席の仕事が多いのですが、ほとんどキャンセルになりました。昨年再開したのはいいけど、どの中学、高校も全学年一緒だと密になるからと、1学年ずつ3回やらなあかん。1回で済むところを3回やってもギャラは同じです(笑い)。姉様キングスの仕事も激減しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”