ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

野添義弘はNHK大河「鎌倉殿」でブレークするか? 志村けんさんがお気に入りの実力派

公開日: 更新日:

 半年以上の難産だった舞台の脚本が完成し現在稽古中だが、ここにきてコロナがまさに感染爆発。他劇団の公演中止が相次ぎ、芸人たちの濃厚接触者も急増。近い知り合いにも増えてきて、ヒタヒタとくるぶしぐらいまで水位が上がってきている実感。役者にも家族やバイト先など社会生活がある。いつでも濃厚接触者になる可能性がある。粛々と稽古は続けるが、戦々恐々の日々。

 乗っ取られたTwitterに関して。Twitter社は何もしてくれないということが分かった。ユーザーは顧客ではないという考えかららしい。13万フォロワーは諦め、一から新アカウントを立ち上げた。ここからまた地道に呟いていくしかない。フォロー&拡散お願いします。

 アカウントは後述。

 NHKの大河「鎌倉殿の13人」が始まった。三谷幸喜氏らしい軽妙な滑り出し。なかなか快調である。私のお目当ては劇団SET所属の安達盛長役、野添義弘さん。私の舞台にもたくさん出てもらっていた実力派。亡くなった志村けんさんの「志村魂」のレギュラーでもあり、志村さんの大のお気に入りでもあった。その「志村魂」を見に来た三谷さんが楽屋を訪ね「いつかご一緒したい」と言われた約束が今回実ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”