碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「ミステリと言う勿れ」菅田将暉と並んで賛辞を受けるべきは原作者

公開日: 更新日:

 面白い青年が登場したものだ。「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の主人公、久能整(菅田将暉)である。事件を解決へと導く、ミステリードラマの主人公だが、刑事でも探偵でもない。天然パーマが特徴的な、フツーの大学生なのだ。

 しかし独自の鋭い分析と、それを「語る力」が半端じゃない。第1話では、同じ大学の学生が殺害された事件で警察の取り調べを受けた。目撃証言や犯行に使われたナイフなどの証拠を突き付けられ、完全に犯人扱い。だが整は動じない。刑事たちがそれぞれに抱えた葛藤を見抜いて驚かせる。

 さらに彼らの論理や主張の矛盾を指摘し、「真実は一つなんかじゃない。人の数だけあるんですよ。でも、事実は一つです」と持論を展開。淡々と相手を切り崩していく菅田が何ともカッコイイ。

 まるで会話劇や舞台劇のような言葉の連打が見事だが、そのセリフのほとんどは田村由美の同名原作漫画そのままなのだ。このドラマに関して、菅田と並んで賛辞を受けるべきは原作者だろう。

 アメリカのアカデミー賞の場合、「脚本賞」に選ばれるのは原作を持たないオリジナル脚本だ。小説など原作をベースに書かれた脚本は「脚色賞」の対象となる。第1話は“原作の再現性”の高さが功を奏した。脚本を手掛ける相沢友子の“脚色力”が発揮されるのはこれからだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣