オペラ「道化師」完全熟成・麗しのテノール樋口達哉がマジ凄い!

公開日: 更新日:

 毎日とても寒い。オミクロンだけでなく風邪にもじゅうぶん気をつけよう。そしてオペラ鑑賞はいかが? 完全熟成・麗しのテノール樋口逹哉(写真左)が主人公カニオを熱演《道化師》。これ、マジ凄い! 愛と裏切り、悲しい道化の芝居と現実のはざまの狂気の沙汰。顔で笑って心で泣いての凄いやつ。舞台や映画で役にのめり込む芸能人、高齢になってもPBI(プロビジネスアイドル)としてファンの願う生き方をしている歌手、それらに携わる関係者は特に見た方がよい。私も父が急死し葬儀に集まった報道陣の囲み取材の時、当時のマネジャーが「本の宣伝しろ」と耳打ちしてきて「はぁ!?」と思ったことなどを思い出した。

 ルッジェーロ・レオンカヴァッロが台本・作曲、今から130年も前の1892年に初演されたヴェリズモ・オペラ(verismo opera)。それ以前の貴族たちのオペラとは違い、市民の日常生活、実話、残酷な暴力などの身近で直接的な感情表現なのでわかりやすい。《道化師》はヴェリズモ・オペラの代表作である。背伸びをしてサントリーホールや東京芸術劇場などにチャラチャラとおしゃれして出かけいろいろなオペラ鑑賞をしていた私は、ふと、まぶしいほどの感情を真っすぐにぶつけてくる舞台上の樋口に出会い、ハートを矢で射抜かれ、ファンとなりここ10年以上その矢が刺さったままどっぷりハマり《蝶々夫人》《トスカ》他いろいろ見てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?