元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

公開日: 更新日:

 松田聖子(59)、神田正輝(71)元夫妻のひとり娘でミュージカル女優の神田沙也加さんが昨年12月18日に35歳の若さで急逝してから1カ月が経とうとしている。悲しみが癒えない中で、唯一、前向きな話題を提供し、注目を集めているのが、沙也加さんの元夫でモデル兼俳優の村田充(44)だ。村田は2016年に舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」で沙也加さんと共演したのを機に交際し、17年4月に結婚した。

「ただ、結婚発表の際はメディア関係者の多くが村田さんの名前も顔も知らず困惑しました。しかも、村田さんは結婚から半年足らずで芸能活動を休止。『まさか、ヒモ?』なんて揶揄する声すら上がりました」(民放テレビ局関係者)

 沙也加さんと聖子の母娘不仲説が浮上したのもこの頃の話だ。結婚発表の際、沙也加さんは父・正輝と村田とのスリーショット写真を公開し、正輝もコメントを出したが、聖子は、2人の結婚について何も触れることはなかった。そして村田と沙也加さんは19年12月に離婚を発表。婚姻期間は3年足らずだったが、離婚後も2人の関係は良好だったという。

フォロワーからは「ありがとう」の声

 そして今回、村田の動向が久しぶりにクローズアップされている。沙也加さんのファンは彼女の悲報に呆然となるとともに、SNSでは2匹の愛犬(マルチーズ、ロングコートチワワ)のことを心配する声が上がった。村田は先月23日、自身のツイッターで〈安心してください。大切に育てます。その準備をしていますよ〉とツイート。“沙也加さんの元夫”として再認識された。ファンからは〈良かった…ずっと心配でした〉〈安心しました!〉と安堵のメッセージであふれた。同31日に村田は、眠っているチワワの写真を投稿し、無事に沙也加さんの愛犬たちを引き取ったことをインスタグラムで報告。その後も、インスタグラムの投稿はほぼ、沙也加さんの愛犬たちの近況で、トイレのしつけや、自身の枕を勝手にベッドにされたり、愛犬たちの写真とともに苦戦していることも明かしている。

 フォロワーからは〈みつさん、ありがとう!! ありがとう!! ありがとう!!〉〈みつさんの優しさに救われました!!〉〈みつさんとワンズたちが笑顔がいっぱいで幸せに過ごしていけますように…祈ってます〉〈良かった、、、。この写真をみて、安心した人たちがどのくらいいただろうと思います。本当にありがとうございます〉と次々と感謝の言葉が寄せられた。

 夫婦だった期間は短いが一時は2人で将来を思い描いた沙也加さんと村田。悲しみが癒えない中で元妻の愛犬を引き取り慈しむのは、やはり彼にとって沙也加さんがとても大切な人だったからだろう。

*番外編を【動画】でご覧いただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗