ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

NHKBS「河瀬直美が見つめた東京五輪」は疑問・疑惑だらけ

公開日: 更新日:

 河瀬直美監督が撮った東京五輪のドキュメンタリー。その撮影時間は5000時間にも及ぶという(とNHKのホームページに書いてあった。休みなく見て200日かかる計算だから500時間の間違いではないかとも思ったが、1日10時間撮影して500日、まあ2年で回せない時間でもないか)。

 この撮影風景を追ったドキュメンタリーがNHK BSの「河瀬直美が見つめた東京五輪」だ。この中の五輪反対のデモに参加しているという男性へのインタビューシーンに「実はお金をもらって動員されている」というテロップが流され、すぐさま問題になり、結局事実とは異なっていたという訂正がなされた。しかし、この訂正がどうもしっくりこないのだ。なぜ「金をもらっている」という事実がテロップ処理なのか。もちろんドキュメントにもテロップ処理はある。「このあと男は口を閉ざした」などと相手方から取材を拒否された場合、または不覚にもその映像が撮れていない場合、あるいは撮れたが音声状態が悪い場合だ。

 しかし、これはそもそもサブの監督である島田氏が取材しているシーンを撮ったものだ。であればNHKのカメラは回っていなくとも、島田監督のカメラにはこの文言が収録されているはずである。どうしても使いたいならその映像を借りるべきだろう。このシーンを使うことは当然両監督の了承があるはずだし、2人とも試写も当然見たはずだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか