SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

佐々木希&馬淵優佳が完全復活!不倫サレ妻はなぜダメ夫とヨリ戻した? 夫婦問題専門家が見解

公開日: 更新日:

 女優の佐々木希(33)が、10日にスタートした連続ドラマ「ユーチューバーに娘はやらん!」(テレビ東京系)に主演し、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」にも出演する。女優として精力的に活動しながら、不倫が報じられ活動休止をしているお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(49)を支え続けている。

 同じく過去に不倫が報じられた瀬戸大也(27)の妻である、飛び込み元日本代表の馬淵優佳(26)が現役復帰の意向を示した。さらに、馬淵はドラマ「日本沈没」(TBS系)にも出演し、活動の幅を広げている。精力的に活躍する2人には、いずれも不倫した夫とヨリを戻したという共通点がある。

 不倫からヨリを戻す女性の特徴や傾向について、夫婦問題を専門に取り扱う「夫婦問題相談室 横浜 ハートスペース」の代表であり、I(愛)・修復プランナーの米山恵美氏はこう分析する。

■昭和世代の親たちの呪縛

「佐々木希さん、馬淵さんの年齢層から考えると、ご両親の年齢が昭和世代の50代、60代かなと思いますが、その年齢層のご両親に育てられたお子さんは、『離婚=悪』という観念が強い傾向があります。なので、単純に離婚したくないという意識があることと、『離婚=負け組』という観念もありますので、負けたくない意地であることも多いですね。『浮気くらいで離婚なんてバカバカしい。妻はデーンと構えてこんなことでオロオロするのはみっともない』という昭和の親に育てられ、そうした観念が巡ってまた戻ってきた感じです」(米山氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?