「ももクロ紅白」大躍進のウラ…五木ひろしら大御所参入で本家NHKより王道だった

公開日: 更新日:

 大みそかはAbemaが生配信した、ももいろクローバーZの「ももいろ歌合戦」(ももクロ紅白)が大健闘した。“本家”の第72回NHK紅白歌合戦は、第1部(夜7時半~8時55分)が平均視聴率31.5%、第2部(9時~11時45分)が34.3%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。視聴率調査が始まった1962年以降、最低記録と報じられた。

 一方のももクロ紅白は、テレビ各局の放送やAbemaなど選択肢が多く、明確には把握できないものの、「紅白の途中からAbemaに流れた転向組も予想外に多かったそうです」(テレビ局関係者)という。

 近年、NHK紅白は視聴者ターゲットを若者層にチェンジし、初出場歌手が様変わり。音楽サブスクで再生2億回を超える「Awesome City Club」、ニコニコ動画などで火がついた「まふまふ」(30)、YouTubeの一発録音「THE FIRST TAKE」で最多の1.6億回再生された「DISH//」ほか、デジタル発信アーティストの躍動が著しかった。

 そのあおりを食らったのが演歌歌手である。2000年は出演アーティスト全56組中31組が演歌・歌謡系だったが、2020年は41組中9組と激減。昨年は石川さゆり(63)、坂本冬美(54)、天童よしみ(67)、水森かおり(48)、氷川きよし(44)、三山ひろし(41)、山内惠介(38)が生き残った。特別企画として松平健(68)、さだまさし(69)、細川たかし(71)が“復活”したもの、数字に貢献できなかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか