NHK紅白「若返り演出」完全裏目の皮肉…藤井風より“企画枠”細川たかしに安心感

公開日: 更新日:

 大晦日のNHK紅白歌合戦は“若返り”を図った結果、ネット動画で人気の藤井風や、まふまふ、初出場会見でのかけ声「ち○ぽ!」コールで話題になったBiSHらコアなファンを持つアーティストが多数出場。藤井風が実家の岡山から出演したかと思ったら、突然紅白のステージにワープ、MISIAと楽曲提供している「Higher Love」で共演し、初登場にして3曲を披露。東京国際フォーラムを一陣の風が吹き抜けた。

 しかし、「今回の紅白は曲を長めにしたり、メドレーにしたり“演出に凝りすぎて裏目に出た”といえます」と言うのは音楽評論家の富澤一誠氏だ。

「2018年に米津玄師が初出場した際はカラオケで人気だったり、まだ誰もが知っている感はあったけれど、藤井風もまふまふも『一体誰?』が先に立つし、YOASOBIは映像に凝りすぎて、ガチャガチャして視聴者がついていけていない。むしろ、細川たかしなど企画枠や演歌勢など往年のヒット曲の安心感と必要性を感じさせた。紅白は今年この一曲をもって圧倒させたいという心意気があってこそ“歌合戦”の意味も出てくるというもの。“歌合戦”を期待すると違和感ばかりが目立つので、むしろ名前を“歌謡祭”に変えた方が理解しやすいのでは」

 紅組白組で男女に分かれて歌うという番組のコンセプトそのものが昭和の遺物となってしまった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す