“炎上常習”張本勲氏はサンモニ卒業…テレビ界「昭和の頑固オヤジ」絶滅カウントダウン

公開日: 更新日:

 野球評論家の張本勲氏(81)が、出演していた「サンデーモーニング」(TBS系)の「週刊御意見番」コーナーを26日の放送で卒業した。張本氏は1997年から同コーナーに出演。「喝!」「あっぱれ!」のフレーズが名物だった。

 11月28日の放送で張本氏は、「私の都合なんですが、シニア人生をゆっくりすごしたいんですよ。番組のレギュラーを今年いっぱいで卒業します。来年は節目節目では出てきますからまたお会いできると思います。23年ちょっと、長い間大変お世話になりました」と卒業を発表していた。

 これまで歯に衣着せぬ発言が人気だった同氏だが、近年は時代とズレた発言が炎上することが多かった。

 極め付きはことし8月に東京五輪で金メダルを獲得した女子ボクシング入江聖奈選手(21)へのこの発言。

「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね。嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」と言い放ち、大炎上していた。さらに、2015年の放送では、サッカー三浦知良(54)に「もうお辞めなさい」と「引退勧告」するなど、たびたび物議を醸していた。

 引退に際して26日の放送では、“同級生”の王貞治氏(81)がゲスト出演。イチロー(48)は、最後に盛大な「喝!」をいただきたいとして、「ハリー!お疲れさまでした。またいつかどこかで」とビデオメッセージを送った。

「完全に時代錯誤だった」

 SNS上では、引退を惜しむ声もあるが、芸能文化評論家の肥留間正明氏はこう話す。

「偉大な選手であったことに異論はないが、それは50年も前の話。野球理論やスポーツ界の実情はどんどん変化しており、完全に時代錯誤だった。入江選手に対する発言などはその極み。独断と偏見で発言するのを面白がられたようだが、それももう時代に合わなくなっていた。大谷選手に対しても、当初は“投手に専念しろ”と言っていたくらいですからね」

 上から目線でズバズバ物を言う“昭和の頑固オヤジ”は、令和のテレビ界では時代の遺物というしかないが、この世代は、女性蔑視発言もしがち。

 徳光和夫アナウンサー(80)は、お笑い芸人の水道橋博士のユーチューブ番組で、“明石家さんまはいつまでも若々しい”という話の流れで「AKBの1人や2人は妊娠させられますよ」という超ド級のセクハラ発言をしたのはことし10月。元東京オリ・パラ組織委員会会長だった森喜朗(84)が「女性がたくさん入ってる理事会は時間がかかる」などと発言し、大炎上の末、辞任したことも記憶に新しい。

 いずれも「老害発言」として大炎上。時代に対応できなければ、恐竜のように絶滅するしかないようだ。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す