美川憲一が苦言…NHK紅白が失った“マンネリ感” テレ東「年忘れにっぽんの歌」が受け皿に

公開日: 更新日:

<私に今後、紅白の可能性があるかどうかはわからないけど、番組はどんどん若年化しちゃってるじゃない。これには少し物申したいところはあるの。やっぱり紅白はすべての年齢層の人たちが楽しめる番組なの。いっそ、その年のヒット曲を集めるというのはやめにして、前半は若手、後半は昭和のヒット曲を振り返る番組にしたらいいんじゃないかしら>(「週刊ポスト」1/1・7合併号)

 週刊誌上でこう語っているのは2009年以来、紅白歌合戦出場が遠ざかっている歌手の美川憲一(75)。

 近年、紅白では美川のほかにも大御所歌手の出場機会が失われている。今年の「第72回紅白歌合戦」の出場者に、昨年まで50回連続出場していた五木ひろし(73)の名前がなかった。和田アキ子(71)、小林幸子(68)、山本譲二(71)などの姿も見られなくなっている。それに対して起用が目立つのが、動画やSNSなどで話題の歌手やバンドだ。

「その年ヒット曲を出した歌手と、往年のヒット曲を持つ大御所のバランス感で高視聴率を維持していた紅白の構図が崩れ、視聴率は30〜40%台で推移しています。ここ最近の新陳代謝は、近年ヒット曲がないにもかかわらず出場し続けている大御所のマンネリ感や高齢化によるところが大きい。また音楽を聞く機会がレコードやCDからストリーミングなどに移り変わり、誰もが知っている国民的ヒットが出づらくなっている中で、当然の流れではあります。ただ、かつてダウンタウン松本人志さんが紅白には“マンネリ感”が必要と話していたように、最近の紅白を見ていると子供からお年寄りまで楽しめる国民的番組でなくなりつつあるのを感じています」(女性週刊誌記者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に