美川憲一が苦言…NHK紅白が失った“マンネリ感” テレ東「年忘れにっぽんの歌」が受け皿に

公開日: 更新日:

<私に今後、紅白の可能性があるかどうかはわからないけど、番組はどんどん若年化しちゃってるじゃない。これには少し物申したいところはあるの。やっぱり紅白はすべての年齢層の人たちが楽しめる番組なの。いっそ、その年のヒット曲を集めるというのはやめにして、前半は若手、後半は昭和のヒット曲を振り返る番組にしたらいいんじゃないかしら>(「週刊ポスト」1/1・7合併号)

 週刊誌上でこう語っているのは2009年以来、紅白歌合戦出場が遠ざかっている歌手の美川憲一(75)。

 近年、紅白では美川のほかにも大御所歌手の出場機会が失われている。今年の「第72回紅白歌合戦」の出場者に、昨年まで50回連続出場していた五木ひろし(73)の名前がなかった。和田アキ子(71)、小林幸子(68)、山本譲二(71)などの姿も見られなくなっている。それに対して起用が目立つのが、動画やSNSなどで話題の歌手やバンドだ。

「その年ヒット曲を出した歌手と、往年のヒット曲を持つ大御所のバランス感で高視聴率を維持していた紅白の構図が崩れ、視聴率は30〜40%台で推移しています。ここ最近の新陳代謝は、近年ヒット曲がないにもかかわらず出場し続けている大御所のマンネリ感や高齢化によるところが大きい。また音楽を聞く機会がレコードやCDからストリーミングなどに移り変わり、誰もが知っている国民的ヒットが出づらくなっている中で、当然の流れではあります。ただ、かつてダウンタウン松本人志さんが紅白には“マンネリ感”が必要と話していたように、最近の紅白を見ていると子供からお年寄りまで楽しめる国民的番組でなくなりつつあるのを感じています」(女性週刊誌記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今